トリキュラーは低用量ピルとして多くの女性に人気があるお薬でう。。避妊以外でも生理痛の緩和、ニキビの改善、子宮内膜症の悪化を防ぐなど嬉しい効果があります。ただし、トリキュラーの効果を高めるには正しく服用する必要があるので注意してください。

  • ホーム
  • トリキュラーの中でも種類がある

トリキュラーの中でも種類がある

薬とグラスを持つ女性

トリキュラーには、錠剤すべてにホルモン剤成分が入っている実薬21錠タイプと偽薬を含む28錠タイプの2種類があります。
一般的にトリキュラー21と呼ばれている21錠タイプは、生理初日から1日1錠決まった時間に服用しますが、錠剤は21日分しかないので22日目~28日目までの7日間は休薬期間として、29日目を初日として新しいピルシートで服用を再開します。
トリキュラー21には、赤褐色6錠と白色5錠、黄淡褐色10錠の3種類の錠剤があり、赤褐色の錠剤にはレボノルゲストレルLNG0.05mgとエチニルエストラジオールEEが0.03mg、白色の錠剤にはLNGが0.075mgとEEが0.04mg、黄淡褐色の錠剤にはLNGが0.125mgとEEが0.03mg含まれています。
トリキュラーは、服用による副作用の軽減やより自然なホルモン摂取となる様に、LNGの投薬量を生理当初は少な目に生理後半に向けて3段階で増量していく漸増型の第2世代3相性避妊薬です。
一般的にトリキュラー28と呼ばれている28錠タイプは、生理初日から服用を開始しピルシートの左上から順番に1日1錠を決まった時間に服用する様に心掛け、ピルシートにある28日分の錠剤を服用しきったら、休薬期間無しで29日目から新しいピルシートで服用を継続します。
トリキュラー28は、赤褐色と白色、黄淡褐色の3種類の錠剤に加え、飲み忘れや飲み間違いの予防、服用の習慣性の為にホルモン剤を含まない一際大きな白色の偽薬が7日分がトリキュラー21に追加されています。
トリキュラー21も28も、1周期あたりLNGが1.925mgとEEが0.68mgのホルモン剤が含まれ、避妊薬としての効力は一緒なので、どちらのタイプを選択するかは服用者の好みとなります。

最近の投稿
    アーカイブ
    サイト内検索