トリキュラーは低用量ピルとして多くの女性に人気があるお薬でう。。避妊以外でも生理痛の緩和、ニキビの改善、子宮内膜症の悪化を防ぐなど嬉しい効果があります。ただし、トリキュラーの効果を高めるには正しく服用する必要があるので注意してください。

  • ホーム
  • トリキュラーの飲み方について

トリキュラーの飲み方について

薬を飲んでいる女性

トリキュラーは日本において最も需要の多いとされる低用量ピルです。
基本的には婦人科などの医療機関で処方されるのが一般的ですが、ネット通販で海外から個人輸入したり輸入代行サイトからも購入することができますが、始めて服用する場合には医療機関できちんと検査をして説明を受けてからが良いでしょう。
トリキュラーは三相性のピルであり、すべてのピルの錠剤にホルモンが同じ量で含まれているわけではなく飲む時期によってホルモン量が変わってくるので飲み間違いをしないことが前提となります。
トリキュラーには、トリキュラー21とトリキュラー28があり、効果に差はないとされていますが飲み方が違います。
まず、トリキュラー21の場合、21日間毎日続けて服用したら、生理期間である7日間は自分で服用をやめて、8日目から新しいシートを飲み始めるのが一般的です。
それに対し、トリキュラー28はまず21日間は同じように服用したら生理期間に入っても残りの7錠を続けて飲んでいき、完全に飲み切ったところで次のシートを飲み始めていくものです。
生理期間の7日間分の錠剤にはピルの薬効成分は含まれておらず、偽の薬であるため飲んでも問題がなく飲み忘れを防ぐために28日間毎日服用するのです。
処方にかかる費用は薬代だけなら1500~2500円ほどで済むとされていますが、初診料や検査料を含めると5000円くらいかかると思ってよいでしょう。
トリキュラーを始めとするピルは基本的に自由量で保険適用ができませんが、月経困難症やPMSの症状がひどく日常生活に支障をきたしている場合には病気と認定されて保険適用ができることもありますので婦人科の医師に相談してみるようにしましょう。

関連記事